• 店長

祝園の可愛いカフェ。アートもやってます。ホスピタルcafeについて・・・

もともと私は画家になりたくて、才能が無いと何処で気付きながらも諦めきれずに、絵を描いていました。

ほとんど趣味のレベルではありましたが、絵を描いている時が1番楽しかったので。


そんな時、あるイラストレーターさんと出会いました。 その方は自分の描くものを、とことん信じて愛していて、

見た人に届けたい想いを明確に持っていました。 描き続けることは決して楽ではないのも教えて頂き、

何より1番大切なこと・・・「アートは人の心を救うことができる」という、

ことを知りました。


その方とのご縁で、ホスピタルアートというものを知りました。

アートの力で患者さんやご家族の方々の心を癒し、前向きに生きる手助けをする。というもの。

活動にも参加させて頂いたことで、私の中で絵を描く意味がハッキリと分かった経験となり今まで自分が描いて何気なく発信していた作品を目にした方が、

もしかしたら笑顔になってくれていたのかもしれない。前向きな気持ちになる小さなキッカケになっていたかもしれない。


それに気づけたことは、私の中でとっても大きな大切な出来事でした。


それからオーダー注文で描かせて頂いた数々の作品達は、今でも見ている人に優しい気持ちや笑顔を届け続けられているのかな。。。

なんて日々思います。

そして、それが私の描く力にもなっています。


ホスピタルアートで誰かを笑顔にしてあげたい、居場所の無い人や苦しんでいる人を

癒してあげたい、

その2つを一緒にできないかと考えラックルームカフェが形になりました。

【ホスピタルアート ☓ cafe】


まだまだ認知度もなく、そんなお店なんだと知ってもらうのは時間がかかるかもしれませんが、少しづつ広げていきたいです。




0回の閲覧