• 店長

祝園で作る優しいカフェという場所

私の親しい人の中に、誰よりも優しく心が深く、一生おいつけないなと思う人が一人だけいます。 出会ってもうすぐ10年ほどになりますが、誰よりも苦労というものを知り経験してきているその人は10年たった今も同じ状況に身を置いて、日々を過ごしています。

私と出会うもっと何年も前からなので。。。想像もできない長い時間。


初めて会ったとき、全く目が合うこともなく会話もほとんど交わさなかったのでちょっと苦手だなぁ・・・と感じたのですが、その日の夜に電話がかかってきて驚いていると、私が今日気まずい思いをしたんじゃないか。。。と心配して謝ってきたその人。

電話越しから伝わってくる人柄や優しさに感動したのを今でも覚えています。

二度目に会った時は誰よりも楽しそうに無邪気に笑っている人でした。


それからその人の色んな事を知っていくのですが、どんな苦しい状況でも環境でも受け入れて行動し、そのどれもが自分以外の誰かの為にしていることでした。

「今は自分のことまでは考えられないから、全部後回し。」

いつもそう言って笑っているその人を見ていると、心から幸せになってほしい・きっと幸せになるべき人だと思ってしまいます。


人が困っていると迷わず手を差し伸べられる所、人の心を救い上げられる所、人に笑顔をあげられる所、今に向き合える強い所、皆から慕われる所、周りから甘えられてしまう所・・・きりがありませんが、その全てが優しさからくるもので、

時にはそれが自分の負荷になる事もあるはずなんですが、誰かの為に優しさを差し出すことはその人にとっては当たり前のことで。

自分は優しい人間じゃないよ、といつも言っておられます。笑

普通にそう言ってしまうところがまたスゴイ・・・一生敵わないなぁ、と心から尊敬。


私の幸せなところは、そんな人が身近にいるということ。

もし私がこの人のように優しい人間になれたら、同じように誰かに感じてもらえるのかな。

自分も優しい人になりたい。 そう思ってもらえたら、この世界優しい人が増えていくかもしれない。

まずはluck Room cafeという小さな場所で優しさが人から人へ繋がって増えてゆくことが今の目標であり、私の店への信念でもあります。


優しい人との出会いがあったときは、ぜひその方とのご縁を大切にしてください。