• 店長

ラックルームカフェができるまで#3

最終更新: 2019年12月26日

昔から絵を描くことが大好きだった私は、それ以外の未来を考えられないほど

悩むことすらも無く、デザインの専門学校へと進みました。

ただ自分の夢だけを追いかけて楽しんで毎日学校へ2時間近くかけて通っていました。

今の私なら、100%学校の近くで一人暮らししてそうです 

当時は遠い道のりも、苦には全く感じていませんでした。

それぐらい好きだったんでしょうね。。。あの頃の純粋な自分 (笑)


でも入学して早々に、才能のある沢山の人を目の当たりにして自信をなくすかと

思いきや・・・根拠のない自信で「私は大丈夫、叶えられる」と本気で思っていました。

今でもその理由はわかりませんが。

自己評価の低いネガティブな私が、唯一疑わなかった自分がありました。


人の感情って本当に不思議ですよね、

自分の感情ですら理由がわからないことがあるのに

他人の気持ちを全て分かろうなんて、絶対にムリだと私は思います。

どんなに偉い学者さんであっても、芯の部分は絶対にわからないはず。


と、少し話が脱線しましたが  夢は叶えられる、と信じていた専門学校時代。

それでも人間関係への悩みやストレスは相変わらずでした。

中学校、高校、専門、どんなに環境が変わっても自分は変わらないものなんですね。

0回の閲覧